ホームページ開設のご挨拶

「小児リハビリ」ホームページ開設しました

この度、昭和病院小児リハビリ部門のホームページを開設することになりました。また、この春からは当院での外来・訪問リハビリに加えて、児童発達支援事業所「つくぺた」の開所を予定しています。「つくぺた」についての詳細に関しては、随時お知らせしていく予定です。こうご期待下さい。

ご挨拶

さて春になり、入園・入学・進級し、皆さんも新しいスタートをきっていると思います。幼稚園、小学校、中学校などこれから新しく始まることに楽しみな気持ちで一杯のお子さんも多くいることでしょう。

その反面、環境が大きく変わることに対して戸惑いがあり、慣れるまで時間がかかってしまうお子さんもいるのではないでしょうか?私たちが関わっている発達障害の特性をもつお子さんたちは、「イメージすることの苦手さ」「コミュニケーションの苦手さ」から見通しが立たない、気持ちが上手に伝えられず、新しいことにに対して不安が強くなってしまうケースもあります。

そのような困り感のあるお子さんたちに、私たちは「本人が安心して過ごす」ことができるようにリハビリの中でサポートを行っています。本人の「わかる」理解コミュニケーションや、「伝える」表出コミュニケーションを大切にしています。また、昭和病院では一般の民家を改修した施設にて小児リハビリを実施しています。アットホームな空間にて、より普段の生活に近いリハビリを提供できたらと考えています。

4月上旬には世界自閉症啓発デーを含め、発達障害啓発週間として日本でも各地で啓発イベントが行われました。こういった活動を通して、より多くの方々に理解の輪が広がればと思っています。

下関では地域の支援者の方々と協力しあい「下関はったつ自主学習会」として、定期的に様々な学習会を開催しています。基礎から実践まで皆さんと多くの学びを共有し、地域全体でお子さんたちをサポートしていければと考えています。今後は学習会などの情報も発信していきます!

当院のリハビリスタッフは若手のスタッフが多くいますが、熱意を持ち真摯な対応を心掛け、お子さんたちと向き合っていきたいと思います。

文責:松尾 宗

 

 

関連記事

  1. グループ活動の紹介☆

  2. つくぺたいよいよOPEN

  3. これな~んだ?

  4. つくぺた 保育士です‼

  5. こんなところにも…

  6. 梅雨入りと勉強会のお知らせ