サービス内容昭和病院小児「訪問」リハビリ

お子様やご家族の生活に寄り添った
リハビリテーションサービスを提供します。

健やかに自宅生活が送れるように「身体的ケア」

重症心身障害児を対象に、健やかに自宅生活が送れるよう、ストレッチ、姿勢変換、呼吸介助等の身体ケアの支援を行います。また、楽な姿勢で快適に過ごせるよう、一人ひとりの生活環境に合ったポジショニングを検討し、ご家族に助言します。車椅子・座位保持椅子など生活に必要な器具の検討・アドバイスを行います。

❝行きたい‼❞ が叶うように「運動発達支援・移動支援」

脳性まひ、ダウン症、中途障害、その他運動発達に遅れのあるお子様が対象となります。お子様の好きな遊びを取り入れ、運動発達(寝返り~お座り~はいはい~立つ~歩く)を促します。また、一人ひとりの生活スタイルに沿った移動方法や子育てに関する助言等の支援を行います。

❝出来る!❞ が増えるように「日常生活関連の支援」

脳性まひ、ダウン症、中途障害、その他の運動発達に遅れのあるお子様が対象になります。子ども一人ひとりの生活環境に合わせて、食事動作、着替え、トイレ動作、入浴動作など、身の回りの動作を自立に向けた支援や環境調整を行います。また、子どもの年齢や生活段階に応じた支援(遊び、認知、学習面の発達等)、子育てに関する助言を行います。

❝伝えたい❞ が叶うように「コミュニケーション支援」

ことばの遅れ、年齢に応じた正しい発音ができない、誤った発音になっている(構音障害)、ことばが詰まったり音を繰り返す(吃音)などのお子様に対し、言葉や口腔機能の発達を促す為の支援や助言を行います。また、発音の難しいお子様に対してカード、文字盤、コミュニケーション機器等を使用した代替コミュニケーションを検討します。

自宅で安全で楽しく食事が出来るように「食事支援」

食物の取り込み~噛む~送り込み~飲み込みまでの機能に障害があり、上手く食事が出来ないお子様に対して、口腔機能の発達を促したり、食事の形態や食べるときの姿勢介助の方法、使いやすい道具等の助言を行います。